由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淇洲盛り上げ中

20111029.jpg淇洲盛り上げ中。
表が後10枚です。
順調にいけば10月1日に盛り上げ終了となります。



スポンサーサイト

淇洲の盛り上げ前磨き工程

20111026.jpg祭り準備の写真です。
しめ縄を綯って御幣を挿して、その他の祭り道具の虫干しです。

淇洲の盛り上げ前磨きを今日中に仕上げるのですが磨き工程を変更します。
文字面と側面の空研ぎ600番とが済んでいますので
〇面取り(木賊で糸面取り)
〇潰した600番で文字面、側面の空磨き
〇植物研磨材で文字面、側面の磨き
〇瓶で文字面の木地締め
明日から盛り上げ開始です

淇洲の盛り上げ前磨き

20111023_2.jpg土曜日は終日、日曜日は午前中所用が出来てしまいました。
それで焦った私は淇洲の空研ぎ600番と側面磨きをやっておりました。
細かな島の部分も大丈夫でしたので
日曜日の午後に磨きを終えて月曜日から盛り上げが出来たらと目論んでおります。





淇洲のサビ研ぎ出し

20111023.jpg淇洲のサビの研ぎ出し(砥石での水研ぎ)です。
字母紙手前までで研ぎを抑えたいのですがなかなか完璧にはいきません。
明日の作業は空研ぎ600番、800番、1500番、植物研磨、瀬戸磨きの予定です。



淇洲のサビ入れ3回目

20111022.jpg淇洲のサビ入れの3回目。
写真は金と玉の裏がサビで汚れないように適当に字母を貼っています。
明日、淇洲を字母まで研ぎ出します。
昨晩は祭りの稽古初日。4人の子供達の太鼓を敲く稽古が始まりました。
昨晩集まった大人は9人。
子供を指導する係りと祭りの準備をする係りとに別れて賑やかな初日となりました。
子供の稽古は21時に終わるのですがその後大人の懇親で私が家に帰って来たのは日付が変わった1時半。
う~ん、これでは身体がモタナイ。

淇洲のサビ入れ

20111021.jpg20日台風。祭りの稽古は中止。
20日  15:37大雨警報。17:16土砂災害警戒情報。18:24避難準備情報。22:22避難所の開設。
21日  6:38土砂災害警戒情報解除。7:04大雨警報解除。
20日私と相棒は市からの防災情報で16:00から自治公民館で今朝まで待機。先程家に帰って来ました。
今からサビ入れです。写真はサビ入れ2回目前のアップです。
写真で白丸で囲んだ島がこの駒の魅力の箇所。
完璧に仕上げたいものです。

オークション御礼

20111020.jpg昨晩、古流水無瀬のオークションが終了致しました。
入札頂いた方々に御礼申し上げます。
淇洲のサビ入れ1回目です。
今晩から祭り(四ツ太鼓)の稽古と準備です。




淇洲の彫り

20111019.jpg淇洲の彫です。
字がシンプルな点角で構成されていますので私でも1日で彫る事が出来ました。
でも、私の能力ではさすがに1日はしんどいですね。
やはり彫に2日掛けないと楽しめませんね。
明日から錆漆(トントン錆)を3回入れます。





淇洲

20111018.jpg本日の駒作りは
淇洲の字母紙貼りのみ。
明日は彫です。








古流水無瀬の駒尻

20111017_6.jpgオークション出品駒の駒尻のアップを忘れてましたね。
古流水無瀬の駒尻です。



淇洲に着手

20111017_5.jpg淇洲製作に着手。
木地均し、木地整形、字母紙貼りが第一段階です。
木地は島黄楊柾目。
色味は赤みが出そうな色。








淇洲字母紙完成

20111017_4.jpg淇洲字母紙完成です。












巻菱湖の駒尻

20111017_2.jpg珈琲を飲んで眠りましたのですっきり目覚める事ができました。
巻菱湖の駒尻です。









淇洲字母紙

20111017.jpg一晩中淇洲字母に取り組みましたが
完成に至らず。とうとう夜が明けてしまいました。
午前中ボランティアがあるので少し仮眠をとります。


淇洲字母紙

20111016_5.jpg淇洲字母紙も後一息のところまできました。










淇洲字母紙

20111016_4.jpg淇洲の字母紙。
これまで6時間格闘。






最新作巻菱湖

20111016_3.jpg最新作巻菱湖の盛り上げ終了です。
次作は淇洲に挑戦します。
前作の淇洲は手元に置いて使用しています。
理由は淇洲の初作のため使用しながら改善するところを考えるためです。
もう随分と眺めましたので改善箇所はみえてきてはいるのですが
字母作成には苦労の予感がします。

塗装奉仕

20111016_2.jpg秋祭りは10月22日。
我が地区の練り(山車)は四ツ太鼓。
乗り子の稽古が9月20日から始まります。
およそ1ヶ月間、毎夜稽古に付き合うことになります。
写真は四ツ太鼓を分解して収めている練り倉。
屋根と壁面の塗装を行いました。
要した日数は丸4日。作業延べ人数は16名。
昨日やっと作業を終える事が出来ました。

52作源兵衛清安島黄楊柾目

20111016.jpg製作依頼を受けて作成した駒です。
すっかりアップを忘れておりました。依頼者にはとっくにお送りしており写真は以前のデジカメでのものです。









古流水無瀬をオークションに出品

20111015.jpg古流水無瀬盛り上げ駒のスキャン画像です。
駒作りを始めた時に我が師、松本光泰師から頂いた字母紙の中に古流水無瀬がありました。
書き駒風でしたので私の解釈を加えてこれが3作目です。
〇銘 古流水無瀬
〇木地 島黄楊柾目
〇木地サイズ 玉H31mm、W28mm。歩H27mm、W22mm
〇面取り 糸面取り
ヤフーオークションに出品します。


オークション御礼

20110912.jpg昨日、水無瀬のオークションが終了しました。
入札頂いた方々に御礼申し上げます。今日は午前中時間があきましたので王位戦第7局を観戦しながら盛り上げです。
先手広瀬王位、後手羽生挑戦者で相穴熊の戦いとなりました。
巻菱湖の表字は終えて、裏字がまだですが駒銘を無性に入れたくなっての筆入れです。
ちなみに写真は1眼レフでの撮影です。






畳干し

20110911.jpg今日は公民館の畳干し。
朝、6時に出動して、62枚の畳を干して元に納めて帰って来ました。
この画像は私の携帯電話の画像。
この写真を見てふと疑問が。
ひょっとして駒写真も携帯で撮ればいいのではと。


オークション駒写真

20110909.jpg盛り上げに疲れて少し休憩。
1眼レフ撮影に挑戦。
やはり照明を工夫しないとありのままを写せないのですね。






カメラテスト

20110908.jpg盛り上げ前にカメラテストでもと思い撮りました。
完璧とはいえませんが私のパソコンのモニターではそこそこの画像になっています。


オークション駒写真

20110907.jpg一眼レフのお古が息子から届きました。
初めての駒撮影。ホワイトバランスの調整の仕方が解らず見た目の色がでない。
これから説明書と格闘します。








オークション駒写真

20110906_2.jpg水無瀬を初形に配置してみました。







オークション駒写真

20110906.jpg水無瀬の銘を水無瀬書とはしておりません。
その理由は通常〇〇書となれば〇〇本人が書いたものという判断になると思うのです。
〇〇本人が書いたものではないのですから私の場合は書を入れないのです。
私のつまらない拘りです。



水無瀬をオークションに

20110905.jpg明日、水無瀬をヤフーオークションに出品します。
島黄楊の根に近い部分の柾目で盛り上げです。
駒形は立ち上がり角80.5度、天角146度
駒サイズは江戸駒標準サイズで玉H31mm、W28mm  歩H27mm、W22mm
写真はスキャン画像です。



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。