由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

62作源兵衛清安3

20120206.jpg昨晩62作のサビの研ぎ出しを終えました。
今回は3000番砥石で水研ぎ。
ここまでの過程を記します。
1、シワなしPITで字母紙貼り
2、彫り
3、ネオラックニスで目止め
4、トントンサビ入れ4回
5、1次サビ研ぎ240番ペーパーで空研ぎ
6、2次サビ研ぎ3000番砥石で水研ぎ

スポンサーサイト

62作源兵衛清安2

20120205_2.jpg62作のサビを240番で字母紙手前まで空研ぎした状態です。
今晩、砥石で字母紙を剥がす為に水研ぎの予定です。









62作源兵衛清安

20120205.jpg62作は源兵衛清安。
今回のトントンサビはとの粉1対生漆1と水でシンプルにしてます。
通常より生漆が多いのでサビがしゃぶしゃぶした感があり4日で4回入れて昨晩の状態が写真です。







60作水無瀬島黄楊斑入り盛り上げ

20120203_2.jpg60作水無瀬島黄楊斑入り盛り上げ。
この駒は木地を預かり作成しました。










FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。