由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第101作怒涛流島黄楊柾目盛上

20140225_2.jpg第101作怒涛流島黄楊柾目薄斑入り盛上。











スポンサーサイト

百寿の駒淇洲

20140225.jpg駒作りを始めてもうすぐ6年。やっと辿り着いた記念の百作目。生涯150作を目指して取り組んで来ましたがもう少し出来るかも知れませんね。

写真は記念の百寿の駒・淇洲。








20140219.jpg18日、自動車道で高知へ。写真左は松山道石鎚山SAから石鎚山眺望。
19日、写真右は高知からの帰りで高知道馬立Pで撮影。
この地点で帰路の小松、川内間が積雪の為通行止めを知る。
僅かな距離の通行止めであるが桜三里の山越えとなるため一般道も危険と判断して
小松から今治経由松山の海岸線を選択。
その後も海岸線を走り、帰り着いたのが午後5時。10時に高知を出たから7時間を要しました。


保内町将棋大会

20140216.jpg今日は第49回保内町将棋大会。私の将棋教室の子供達18人も参加して何とも賑やか過ぎる大会となりました。
私は審判長として参加していますので傍若無人の振るまいの子供達を抑えるのに毎年苦労させられます。
ここのところ昼間は全く駒作りが出来ない状態が続いていて更に明日、明後日が高知行きですので遅れている仕事に今から取り掛かります。就寝目安時間は丑の下刻。




白寿乃駒

20140208.jpg第99作(白寿乃駒)銘・康光島黄楊銀目盛上、甲午如月出石作。











駒作り工程表

20140207_2.jpgここのところの製作工程表。
概ねこんな感じですね。
今日は午前3時半に寝て7時に1度起きて10時まで2度寝。
明日の区の行事の準備で昼間は駒作りが出来ない為
今晩、裏20枚の盛り上げ予定。
幸いに今月は3組完成の予定ですから1週間の余裕があります。
さりとて、字母紙の手入れも必要ですし結局毎日毎日駒に係わっているのです。





静山作 錦旗

20140207.jpg就寝前に観賞する静山作錦旗です。
龍山、静山の錦旗字母紙は私が見るところ同じですね。
龍山駒形は玉H29.5mm  文字H22.3mm
静山駒形は玉H30.7mm  文字H23.6mmで大きさの違いは有りますが字形は同じ。
2組共、良い雰囲気を醸し出しています。








出石篆刻印

20140206_3.jpg急遽、出石印が必要になって創りました。











龍山作 錦旗

20140206_2.jpg写真は龍山作錦旗です。
岐阜のR氏から勉強の為にお預かりしているのです。
駒が手元に届いてから毎日就寝前に龍山錦旗、静山錦旗を観賞するのが私の現在のルーティンとなっています。








第98作淇洲島黄楊柾目盛り上げ

20140206.jpg第98作淇洲完成。
夕方帰宅後A級順位戦は最終まで観戦。午前1時で5局全てが終了しました。
最終局も見逃せないがラス前の対局も観戦に力が入ります。
観戦しながら淇洲を乾拭きしカルナバで蝋引きし写真撮影したところです。
順位戦は羽生負けるも渡辺負けで羽生が挑戦者に決定。
残留確定は渡辺、深浦、行方、佐藤。
谷川の陥落が前局で決まっているので三浦、郷田、屋敷、久保の4名が残留を掛けて最終局を闘うことになります。





筆が冴える至福の時間

20140205.jpg102作は水兼成。現在101作を盛り上げ中で2月中に103作まで仕上げなければいけません。
1週間に1組盛り上げるのですが、その間に木地整形、彫り、埋め、磨きを終えるペースです。
12月、1月と計8作を仕上げたのですがこのペースを守っての仕事です。
ここのところ筆を毎日持っているのですが、筆が冴える日と冴えない日があります。
最近これが筆を持った瞬間に判るようになりました。
ゴルフと一緒で冴える日はグリップがしっくりしてますし冴えない日はその逆。
更に盛り上げ作業中で字が大きく感じる時と小さく感じる時があり
グリップがしっくりしていて字が大きく感じる時は筆が冴え渡る至福の時間なのです。



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。