由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優れものの天秤

20090501tenbin.jpgサビ漆の結論が出た。扱いやすく、瀬戸磨きに耐えるサビ漆はとの粉8g・水2g・生漆6gでした。
との粉1と生漆1はサビ漆は色、強度は申し分ないが堅すぎて、研ぎ出しが大変。との粉1と生漆0.5はサビ漆が脆く瀬戸磨きに耐えられない。試行錯誤の末辿り着いた私の結論です。そうなると、正確に分量は測りたいということで写真の天秤の作成ということになったのです。1円玉が1g、50円玉が4gで写真の場合は6gです。このペーパークラフトは駒の音さんからの情報でした。感謝!してます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/128-1912314e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。