由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彫りと印刀!

20090614hori.jpg私は盛り上げしか作らないので彫りの留意点は輪郭です。さりとて、堀跡がどうでもいいとは思いません。点画を一刀で彫れれば自ずから彫り後も綺麗に上がります。しかし、彫り後の綺麗さにおいて駒さんには及びません。
最近、お気に入りの印刀は写真の与板の桜日本で価格は415円。最初、ハイス鋼の印刀で5000円、その後100均の印刀。そして、現在の印刀と変遷してきました。堅すぎず柔らか過ぎず越後与板の印刀は切れると思います。






スポンサーサイト

コメント

印刀

 印刀は価格よりも切れるように研げるかどうかの方が重要ですね。
 私はようやく「切れる印刀の研ぎ方」をつかんだところです。
 彫りの作業の効率がぐんと上がりました。

  • 2009/06/15(月) 21:15:53 |
  • URL |
  • Bokusui #lMBqkpAs
  • [ 編集 ]

攵水さんへ

堅すぎる刃は木には不向きのようです。
彫りの達人駒さんは自分で印刀を作ってますよ。研ぎは彫りと同じで慣れでしょうね。

  • 2009/06/15(月) 23:15:07 |
  • URL |
  • 由進 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/158-ec5a1d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。