由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サビ漆入れは1回で3度

20090730.jpg鵞堂を中砥石で研ぎ出しました。24日に1回で埋めて、24時間、室締め。今日30日まで自然乾燥です。結果はノープロブレムです。
これでサビ漆入れ工程を簡素化する事に成功です。
サビ漆1回入れの真相・過去に1回1発で埋めた時は鬆が入って失敗したのです。
以来2回入れ、3回入れ等試して、3回入れでいい結果を出していました。埋めては室入れを3回行うことに疑問を感じ1回で3度入れれば良いのではないかと考え実行した訳です。1度目はまず表に最小限のサビ漆を入れます。そして裏も同様にして入れます。2度目も同じ手順で同じように入れます。3度目は少し盛り上がる程度にサビ漆を入れます。そして湿度70%以上で室入れ24時間、その後自然乾燥、1000番砥石で研ぎ出しという事になります。是非、お試しあれ!
サビ漆に目止めは本当に必要か?テレビ、将棋駒の里ではサビ漆入れの際、目止めをしていなかった。そこで目止め無しの埋めも実験中です。



スポンサーサイト

コメント

錆入れ3回で1回室入れとは

中沢です。
錆入れ3回で1回室入れとは、錆を一回入れたら、すぐその後に上から2回目、3回目を入れて、その後に室に入れるという意味ですか?錆は3回分一度に作れば良いと言うことですね?
目止めを入れずに錆を入れるのは私の経験では、滲んでしまってダメです。よほど良い木地(目が詰まっているという意味)またスパッと切れる印刀で彫っていないと、無理という印象です(木目に平行の部分は良いのですが、直角方向は滲むと思います)
あくまで試しと言うことで、駒一つに留めておいた方が良いと思います。

  • 2009/08/01(土) 10:20:31 |
  • URL |
  • 中沢です。 #-
  • [ 編集 ]

私の場合、サビ漆はとの粉6g、水1g、生漆4.5gで1組分です。1回目が終わる頃にはある程度硬化してますので2回目、3回目を同じ手順で入れてすぐ室に入れました。
目止め無しのサビ漆入れの実験は流石に怖いので根付の木地でやってます。

  • 2009/08/01(土) 18:05:27 |
  • URL |
  • 由進 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/175-1bb9cf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。