由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛り上げ前磨き

20100721.jpg凸面出しの後
糸面取りをし
盛り上げ前磨きを終えて
いよいよ盛り上げ開始となります。


スポンサーサイト

コメント

美しいですね。
初歩的な質問です。
・自分の持っている複数の駒も、この写真の駒・銀や桂馬の生地の柾目が真っ直ぐにきれいに出ています。
・歩の何枚かに綺麗な斑?が入っています。
前者は特に意図的なのかと思いますし、金や王の裏もきっと選ぶのがたいへんかと思いますが、意図があると思いますし、このあたりのポイントが教えていただければ幸いです。

  • 2010/07/21(水) 15:16:20 |
  • URL |
  • bremen #PFp1bmAs
  • [ 編集 ]

この木地は富士駒の会の重鎮、清峰師が作られて組まれたものです。手元に5組あるのですがその中の1組を直感で選びました。島黄楊の場合は斑入りも結構混ざってますね。
木地師であり駒師である我が師・光泰師は罫書きの際に歩留まりは悪くなるが出来るだけ柾目が真っ直ぐ出るようにしていると云ってますし、王と金は裏表の綺麗なものを罫書きの際に選ぶのではないでしょうか。

  • 2010/07/21(水) 16:29:37 |
  • URL |
  • 由進 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/387-b21cff50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。