由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大惨事

48作巻菱湖を書いて入る時にラジオが地震速報を伝える。NHKのアナウンサーが放送中に東京も揺れていると興奮状態で速報を放送。これは大変だとテレビをつけると津波の警報が高い所で6mが既に出ていた。
これはとんでもない事になると思いながら注視していると、4時半過ぎに当地区(愛媛県八幡浜市)でも
避難勧告が発令された。津波警報区域に該当したからだ。市から区長に部落ごと非難指示、避難誘導をするようにとの連絡がある。部落の有線放送で状況の説明と高台への非難指示を行う。5時半過ぎに津波が観測(消防署観測で80cm)された。当地区では非難はしたが津波第1波の状況から大事はないという事で自己判断で銘々に帰宅。
家に戻り三陸の惨状をテレビで見る。大惨事。津波が全てを破壊する様は地獄絵図そのものである。
11日の深夜から今日までの内に徐々に被害状況が明らかになってきた。見聞きするのが嫌な程の惨劇である。
もう、復興は無理ではないかと思えるほどの惨状である。既に死者も多く安否未確認者に至っては被害規模が甚大すぎて把握出来ない様子である。国難である。国には被害にあった地域には新税を導入してでも復興支援をして貰いたい。個人の支援だけではおっつかないだろう。
被災された方々には言葉が見つからない。今後長期間に渡って悲しい思いと悔しさに苦しむであろう方々に同情致します。
当地区は南海地震では最大4mの津波が襲ってくるとの予想がされている地区である。
他人事ではないと国民の多くが思っているのではないだろうか。
今後、東海、南海地震が発生するのは間違いのない事。覚悟を決めなければいけないのだと痛感する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/529-142ee6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。