由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根付11

20120522_2.jpg鮎の根付完成。
木地均しは240番、600番、字母紙をシワなしPITで貼り
彫った後ネオラックニスで目止め。
黒呂色漆を入れて3000番砥石で水研ぎ。
面取りをして椋の葉で磨き仕上げました。







スポンサーサイト

コメント

どの根付も素敵ですね

駒修行の旅の貴重な時間を割いていただき皆で感激しております。

吉岡師と「体面」((笑)することができました。実物に接すると、それまでに気づかないことがたくさんあったのだと少し悟ります。駒を創られる御手が、実にしなやかで、心地よい安心感に満ち溢れた、力のみなぎったものであることも握手をして初めて気づくものでした。

根付も拝見し手にした時に、写真ではわからなかった造作とその根底にあるお心に接して、驚きが何十倍半百倍と違いました。

  • 2012/07/01(日) 21:54:19 |
  • URL |
  • amebremen #PFp1bmAs
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/742-8f6b5710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。