由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅12

20120708.jpg28日午前9時豊川を出発し駒の聖地水無瀬神宮へ。昼前に着き参拝。そして島本町立歴史文化資料館に入る。
水無瀬駒の小将棋、中将棋のレプリカが1組づつ展示されていました。
非常に残念なのは展示方法である。小将棋の裏字が見えない事もあるがきちんとした盤と駒台と駒とのセットで展示しないのかが不思議である。時代考証までするなら駒台は不必要であるがほんの少し配慮頂けたらと思ってしまう。
それはさておき私としては何としても裏字がみたい。それで交渉するが事情があってどうしても見せて頂けない。
愛媛から来ていることを告げて最後の交渉をしてみると係りの方からある可能性を告げて頂く。
裏字のデジタルデータはあると思います。上司と相談して許可が出れば送りますとの事。
望み薄かもしれないが死ぬまでに一度でいいから見たい駒である。
写真撮影の際には電気を消して頂き協力頂いた係りのお二方にお礼申し上げます。
この後は予定を変更して愛媛への帰路についたのです。
思えばブログで紹介したい土産話がたくさんあるのですが安易に披露出来ない事ですのでご容赦下さい。
一先ず旅の全報告と致します。
帰って来て67作淇洲を依頼者に送り、68作淇洲を彫り上げて錆を入れて2日目。
明日から駒作りの本格的な再開です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/762-b28c5f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。