由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上京2

20121210.jpgサビを入れましたので駒作りに関する土産話を記すことにします。
12月4日、目黒で3人の方と6時間、語り合う。
6月上京の際にもサビウルシについて新情報を頂いていて帰って直ぐ
試してみました。漆の乾きも早くサビウルシ自体には何ら問題はなかったのですが
私の使用しているスティックのりとの相性が悪く常時採用するには至って居りませんでした。
今回、そのサビについて話している時にふと思いついた事があり今回のサビとして採用してみることに。
今までのトントンサビとの違いを現段階で公開することは出来ないのですが
情報筋のお許しが出て公開出来る日が来るのではと思って居ります。
ちなみにわたしを含めて4人の字母紙を貼るときの違いが面白いので紹介してみます。
Aさんは薄めた木工ボンド。Bさんはやまと糊で字母紙に糊を付ける。Cさんはやまと糊で木地に糊を付ける。
私はスティックのり。
4人が違うやり方でやっているのです。
スポンサーサイト

コメント

日向です。

上京お疲れ様でした。
ご活躍のご様子を楽しく拝見しております。字母紙の糊一つとっても十人十色というのが、この世界が未だ発展途上にあることを物語っているやに思います。
でも、100年経ってもそれでいいような気もします。

  • 2012/12/11(火) 20:52:53 |
  • URL |
  • 日向 #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

日向さんへ

日向さん、お久しぶりですね。
駒師はそれぞれ自分のやり方を貫いていますね。皆さん試行錯誤の結果の結論ということなのでしょうね。
字母紙の貼り方は使う紙によっても違いが出ますので様々なやり方が生まれるのだと思います。
実に面白いと思います。

  • 2012/12/13(木) 07:53:50 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/855-7907be19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。