由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒圓書(彫り駒字母紙)

20130108_2.jpg依頼を受けて昨年から取り組んでいた
桂山の恒圓書の字母紙が完成しました。
恒圓書は大阪駒に対抗すべく桂山が心血を注いだ駒書体。
今回字母紙を作っていて桂山の底力を垣間見る事が出来ました。
桂山の彫りは超一流なのですがこの書体は桂山の彫り駒書体の集大成として後世に残していかなければいけません。



スポンサーサイト

コメント

「こうえん」と読むのでしょうか?
初めて見ました。
彫駒用とのことで創作意欲を掻き立てられますが、かなり難しそうな書体ですね。

  • 2013/01/23(水) 00:37:17 |
  • URL |
  • 日向 #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

読みはこうえんのようですね

水戸常丸(桂山)のつねまるに違う漢字を
当てて恒(つね)圓(まる)としたのでしょうね。
彫り駒字母紙としては相当難しい字母だと思いますね。

  • 2013/01/24(木) 14:36:46 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

なるほど

ツネマルの音読みだったのですね。
これまた驚きです。
この書体を凡才の小生が彫ると、おそらく全く別のモノが出来てしまいそうです。
天才桂山ならではの書体ですね。

  • 2013/01/25(金) 13:05:29 |
  • URL |
  • 日向 #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/880-bbc71e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。