由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光泰師の彫り

20130314.jpg写真右が光泰師が木地に貼った字母紙(紙はコピー用紙)。
写真左で文字輪郭のかなり外を彫っていることが判りますね。
光泰師、曰く、字母紙は目安にしか過ぎない。
名工の達観ですね。
平成20年4月19日、松本光泰師宅を訪問。
木地を購入し、字母紙と彫り台と印刀を頂戴した。
印刀はね、左手親指で押して彫るのですよ。
収筆の半円の部分は印刀を半分抜いて彫り台を回転させて彫るのですよ。
彫り順は彫ってれば判るようになります。
この教えがあって4月29日、第1作目の着手となったのです。
スポンサーサイト

コメント

本当にすごいですね!!!

字母はあくまで目安。
やはりこれは熟練の方たちの「技」ですね。
彫跡ですが・・・
画像からでもそのすごさがすぐわかります。

芸術的な彫りだと思います。

  • 2013/03/14(木) 11:00:02 |
  • URL |
  • 慎秀 #ulYx6Mu6
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/924-f2d84516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。