由進の駒

駒作りの情報発信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由進の焦り

20130501.jpg8月上旬の上京予定が7月下旬にほぼ決定。この10日の違いは駒制作1組分に相当する。
上京の際に持参しなければいけない駒は巻菱湖、恒圓、淇洲、中将棋と彫り駒用創作字母紙。
少なくとも駒は6月中に仕上げなければいけない訳ですから中将棋の92枚の重圧がのしかかってきます。
焦りますよね。
写真の怒涛流はもうすぐ盛り上げ終了。
この駒から怒涛流の駒形が大内好みになっています。
木地師S氏に非常に細かい注文をお願いしそれを正確に仕上げて頂きました。
本当に感謝しております。
整形のいい木地でないと制作意欲は半減しますからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jisakugoma.blog65.fc2.com/tb.php/940-bcbd6bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。